2024年 5月31日(金)・6月1日(土)・6月2日(日)

会 場
福岡国際会議場
会 長
髙松 泰
MENU

2024年の日本骨髄腫学会は、「骨髄腫とともに健やかに生きる」というテーマで開催します。

治療の選択肢が増加し、治療期間が長くなるのに伴い、医療者が骨髄腫患者の診療に携わる機会が増えています。骨髄腫診療のビギナーからエキスパートまで、職種を問わず、多くの方が骨髄腫に関する基本的および最新の知識を学び、情報交換ができる学術集会を目指します。特に骨病変や感染症に対するマネジメント、リハビリテーション、薬剤師や看護師のかかわり、在宅診療・訪問看護との連携など、支持医療や多職種連携に関する取り組みについて情報収集、議論を行いたいと思います。医師に加えて看護師、薬剤師、リハビリ技師、管理栄養士、ソーシャルワーカーなど多職種の方に演題を登録、学会に参加していただきたいと願っています。

例年と同様、年齢45歳未満の会員を対象にJSM Travel AwardとしてIMS/IMWでの発表・渡航支援を行います。応募要項をご確認の上、必要な書類と一緒にご応募ください。また、この学術集会よりYoung Investigator Awardの授賞が始まります。第49回日本骨髄腫学会学術集会に登録された演題の中で、筆頭演者が登録時45歳以下(誕生年が1978年以降)の日本骨髄腫学会正会員であるものが対象で、抄録の査読、学術集会での発表を評価して2~3演題の筆頭演者を選出します。表彰は次年度(第50回)の学術集会で行います。

皆様の積極的な演題登録をお待ちしています。

演題募集期間 : 

2023年 10月20日(金)~ 12月13日(水)

演題登録を締め切りました。多数のご応募ありがとうございました。

募集カテゴリ
一般演題
  • 1. 病因、病態、治療に関する基礎研究
  • 2. 免疫微小環境
  • 3. 検査および診断法(予後因子、バイオマーカー、MRD測定)
  • 4. 初発・未治療骨髄腫の治療
  • 5. 再発・難治性骨髄腫の治療
  • 6. 新規治療(CAR-T療法など)
  • 7. Response/risk-adapted therapy
  • 8. 骨髄腫類縁疾患
  • 9. 感染症の予防、管理
  • 10. 骨病変の評価、治療、管理
  • 11. 高齢骨髄腫患者のマネジメント
  • 12. がんリハビリテーション
  • 13. 骨髄腫診療における薬剤師の役割
  • 14. 骨髄腫診療における看護師の役割
  • 15. 多職種および地域で連携した患者支援(訪問看護、在宅診療、院外薬局)
  • 16. 合併症・支持医療
  • 17. 症例報告
  • 18. その他
演題登録に関するご案内
応募資格

筆頭演者は会員に限ります。(申請中でも登録可能です。2024年5月31日までに会員である事が必須となっております。 申請から登録までにお時間を要しますので、お早めに手続きをお願いいたします。)
ただし、学生、初期研修医、留学生、外国人は会員でなくても筆頭演者として演題発表可能です。

発表方法

口演発表またはポスター発表(紙ポスターを予定)とします。

演題名、氏名、所属

日本語と英語併記してください。
演題名は、日本語は全角換算75文字以内(スペース含む)、英語は半角英数字150文字以内(スペース含む)。
筆頭演者の誕生年を記載してください。Young investigator awardの選考に使用します。

抄録本文

日本語:全角800文字以内
英語:半角英数字1,600文字以内(約240 words)
抄録は、英語のみ、日本語のみ、英語+日本語のいずれで記載してもかまいません。
ただし、JSM Travel Award for IMS/IMWに応募する場合は、必ず英語表記の抄録が必要です。

研究倫理への配慮について

日本骨髄腫学会学術集会で発表する際には、その内容が国の定める倫理指針(人を対象とする医学系研究に関する倫理指針、ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針など)や法令(改定個人情報保護法、臨床研究法など)を遵守していることが必要です。
演題登録時に「今回の発表は臨床研究・基礎研究などに関する倫理委員会あるいは施設の承認を得ている(もしくは審査中)」あるいは「今回の発表は倫理委員会あるいは施設の承認が必要な演題に該当しない」のどちらかを選択してください。前者の場合は、学術集会での発表時のスライドまたはポスターに、承認済であることを明示してください。
少数例の症例報告について承認の要不要は、各施設の判断に沿ってください。適応外使用を含む研究は、研究開始前に承認が必要です。倫理委員会あるいは施設の承認が必要であると考えられる内容であるにもかかわらず、「該当しない」にチェックされている場合は、演題が不採用になる場合があります。

演題登録方法

オンライン画面からご投稿お願いいたします。

入力にあたって
  • 登録画面から入力された内容は、インターネットを介して直接データベースに登録されます。
  • 演題名や筆頭・共著者名、所属については、抄録集作成に使用させていただきます。
  • 締め切り期限後の演題名、筆頭・共著者名、所属の変更はお受けできませんのでご了承ください。
  • 1演題につき、1件の申込が必要です。
その他注意事項
  • 推奨ブラウザは、最新のMicrosoft Edge、Google Chrome、Mozilla Firefox、Safariです。
  • 応募者自身が間違えて入力した内容につきましては、事務局では一切責任を負いません。
  • 登録ボタンを押す前に、必ず内容に間違いがないかどうかをご確認ください。
  • メールアドレスを入力する際は、必ずご本人に連絡がつくメールアドレスを入力してください。
  • 演題受領書は発行いたしません。
採否通知

演題の採否については、査読および主催校によるプログラム編成を経て、決定いたします。
採否通知を、2024年2月下旬頃に登録いただいたメールアドレス宛にご連絡をいたします。
発表に関する詳細は当ホームページで発表いたします。

演題登録画面

演題はこちらから登録を行ってください。

演題登録に関するお問い合わせ

運営事務局 (アンプロデュース株式会社)
〒810-0001 福岡市中央区天神4-4-30-6F
TEL:092-401-5755
FAX:050-3488-2692
営業時間:10:00~18:00(土・日・祝祭日は休業)
E-mail:info@jsm2024.com